障害者向けの就労情報サイトです。障害者雇用、就労移行支援、就労継続支援A型、B型について説明しています。

障害者雇用の教科書

障害者向けの就職・転職エージェントサイトまとめ

就職・転職エージェント

障害者向けの就職・転職エージェントサイトまとめ【比較&おすすめ4社】

障害者向けの求人情報が探せる転職&就職エージェントサイトをまとめてみました。

障害者の就職・転職にはエージェントが必須な理由

障害者向けの求人には、求人内容には書かれない『裏条件』があります。

例えば「身体障害の人のみ」「発達障害の人のみ」「女性のみ」「障害○級の人まで」「39歳以下のみ」「容姿が整った人がいい」といったものです。

このような条件は求人にはっきり書くことは出来ないので、自分で仕事を探して応募すると『裏条件』にひっかかって不採用になりがちです。

自分で求人を探した場合

そこで活用するのが就職・転職エージェントです。

運営側のスタッフは企業が求めている『裏条件』を知っているんので、あなたが採用される可能性のある求人のみを紹介してくれます。

エージェント経由の場合

会社が求める人物像とあなたが一致している状態で応募できるので、自分で探して応募するよりも採用される確率は高くなります。

結果、好条件の仕事を早く見つけることができますし、何度も面接に行って不採用になるストレスも軽減されます。

利用料や利用するための条件はあるの?

就職・転職エージェントサイトは、採用が決まったときに企業から支払われるお金で運営しています。

利用者(仕事を探す人)がエージェント側からお金を請求されることはなく、完全無料で使えます。

ただし面談や面接に行く際の交通費などの実費は自己負担になります。

この記事で紹介するサイトは障害者専用なので、利用するには障害者手帳を持っていることが条件です。

ハイリ
それではさっそく、私のおすすめする障害者向け就職・転職エージェントサイトをご紹介しますね。

おすすめ:dodaチャレンジ

dodaチャレンジ
対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人・申請中の人
対象地域全国(北海道・四国・沖縄も含む)
オフィス東京・大阪・名古屋
面談方法オフィス・電話・チャット・テレビ電話
求人数803件+非公開求人(2019年7月)

バイト情報誌anなどを手がける人材紹介の大手・パーソナルグループが運営する障害者雇用支援サービスです。

atGPと並んで業界大手で、利用者からの評判も良い会社。

北海道から沖縄まで全国の求人情報があり、オフィスまで行くのが難しい方は電話・チャット・テレビ電話での面談もOK。

利用者1名あたり、担当エージェントが2名つくので、スムーズな連絡が可能です。

高収入・好条件の求人だけでなく、障害が重い方でも就職しやすいカンタンな業務の求人も多く掲載されています。

公式サイトを確認&応募

おすすめ: アットジーピー

atGP
対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人
対象地域全国(北海道・四国・沖縄も含む)
オフィス東京・大阪・名古屋
面談方法オフィス・電話・スカイプ
求人数679件+非公開求人(2019年7月)

障害者向けの事業を広く行う株式会社ゼネラルパートナーズの障害者雇用支援サービスです。

15年以上運営されていて、障害者の転職サーポート実績はNo1。

北海道から沖縄まで全国の求人情報があり、オフィスまで行くのが難しい方は電話やスカイプでの面談もOK。

あなたの状況や希望により

  • atGPエージェント・・通常の障害者向け就職・転職支援サービス
  • atGPハイクラス・・年収500万以上を目指す障害者向け就職・転職支援サービス
  • atGPアスリート・・スポーツを行う障害者向け就職・転職支援サービス
  • atGP就活エージェント・・新卒学生用の障害者向け就職・転職支援サービス
  • atGP転職(スカウト)・・企業からのスカウトを待つタイプの障害者向け就職・転職支援サービス

の中から当てはまるものを利用できます。

ネットで確認できる公開求人の内容が他のサイト詳しいのもメリットです。

公式サイトを確認&応募

おすすめ: AgentSana

AgentSana
対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人
対象地域東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木・大阪・京都・兵庫・滋賀
オフィス東京・大阪
面談方法オフィス
求人数不明

障害者雇用に特化した株式会社イフの障害者雇用支援サービスです。

対象地域は、関東と関西のみ。

面談は東京(五反田)か大阪(長堀橋)にあるオフィスに行か、出張面談に参加する必要があります。

オフィスに行く手間はかかりますが、その分本気の利用者が多いので

  • 面談後2ヶ月以内に60%の人が内定をGET
  • 利用者の約80%が希望年収以上の内定をGET
  • 内定者の20%以上が上場企業の内定をGET

といった、高い実績を誇っています。

公式サイトを確認&応募

おすすめ: ラルゴ高田馬場

ラルゴ高田馬場
対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人
対象地域関東
オフィス東京(高田馬場)
面談方法オフィス
求人数不明(すべて非公開求人)

株式会社アスリートプランニングの障害者雇用支援サービスです。

アスリートプランニングは体育会系の就職支援会社ですが、ラルゴ高田馬場は誰でも利用できます。

書類や面接などの就職・転職スキルのサポートが手厚く、非常に親切なエージェントです。

ハイリ
私もこのサイトの記事を書くために質問メールを送ったことがあるのですが、ラルゴ高田馬場さんが一番返信が早く、丁寧でした。

公式サイトを確認&応募

アビリティスタッフィング

対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人・申請中の人
対象地域首都圏
オフィス東京(銀座)
面談方法初回は登録説明可・セミナーに参加
求人数不明

リクルートグループが運営する就職・転職エージェントです。

オープンポジションや一般事務の求人がメインになります。

登録には、毎週2回行われる2時間程度の「アビリティゲート(登録説明会・セミナー)」に参加する必要があります。

経験やスキルに不安のある方、体調・体力に不安がある方向けに、リクルートスタッフィングで事務職の就業体験を受けることもできます。

公式サイトを確認&応募

クローバーナビ

クローバーナビ
対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人・申請中の人
対象地域全国(北海道・四国・沖縄も含む)
オフィスなし
面談方法面談なし
求人数不明

障害者向けの就職情報誌のクローバーが運営する求人サイトです。全国各地で就職フォーラムをも行っています。

エージェントではなく求人サイトなので、担当者をつけてサポートを受けることはできず、自分で求人を探して応募する必要があります。

検索して気になる企業が見つかれば利用する価値はありますが、サポートは受けられないので、基本は他のエージェントを使ったほうが良いでしょう。

公式サイトを確認&応募

バブナビ

対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人・申請中の人
対象地域全国(北海道・四国・沖縄も含む)
オフィスなし
面談方法面談なし
求人数不明

掲載数業界トップクラスの障害者向け求人サイトです。

バブナビ独自の案件だけではなく、ハローワークに掲載されている求人情報も同時に探せます。

エージェントではなく求人サイトなので、担当者をつけてサポートを受けることはできず、自分で求人を探して応募する必要があります。

検索して気になる企業が見つかれば利用する価値はありますが、サポートは受けられないので、基本は他のエージェントを使ったほうが良いでしょう。

公式サイトを確認&応募

パソナハートフル

パソナハートフル
対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人・申請中の人
対象地域首都圏
オフィスなし
面談方法面談なし
求人数不明

「才能に障害はない!」をスローガンに、各グループ会社からの受託業務や製造のお仕事を行っています。

事務や製造のお仕事の自社雇用がメインになりますが、お仕事紹介(エージェント)のサービスもあり。

パソナハートフル自体で働きたい方には良いですが、エージェントとしては求人数は少なく、あまり大きな事業としては行っていないようです。

お仕事紹介は首都圏のみですが、自社雇用は東京、千葉、大阪で行っています。

公式サイトを確認&応募

転職サイト・エージェントを上手に利用するコツ

せっかくエージェントを利用するなら、できるだけ好条件・高収入の仕事探したいですよね。

良い仕事に巡り会える、転職サイト・エージェントを上手に利用するコツはこの3つです。

早めに面談にする

転職エージェントサイトに登録しても、すぐに就職・転職活動が始められるわけではありません。

まずは面談を行って、あなたの状態や希望を伝えてから、求人の紹介がはじまります。

早めに紹介が来たほうが早く就職できますし、登録→面談の期間が短いと「やる気のある人」と思われるので、いい求人が紹介されやすくなる可能性も。

すぐにオフィスに行く都合がつかない方、遠すぎて行けない方は、atGPdodaチャレンジで電話やオンライン面談ツールを使った自宅での面談も行っています。

メールや電話の連絡はこまめに

好条件・高収入の人気求人は1日で締め切られることもあります。

メールや電話の返答が遅いと、返したときには既に募集が終わっていることも。

また、面談の速さと同じく、メールの返信が早かったり、電話にすぐ出ると「やる気のある人」と思われるので、いい求人が紹介されやすくなる可能性も。

既に働いている転職希望の方は忙しいとは思いますが、なるべく24時間以内には連絡を返すように心がけましょう。

複数登録する

登録して利用するエージェントサイトは1社に絞らず、最低2社以上の掛け持ちがおすすめです。

エージェント登録は2社以上がおすすめ。掛け持ちOKです!

エージェントの掛け持ち

障害者向けの就職・転職エージェントサイトを利用するときは、1社だけではなく最低2社以上、なるべく多く登録&面談することがおすすめです。

エージェントを掛け持ちすること、掛け持ちしていると伝えることは全く問題ありません。

稀に掛け持ちで態度が悪くなる担当者がいるようですが、そんな態度を取るのは仕事のできない人なので、担当かエージェントサイトを変えちゃいましょう。

エージェントごとに取り扱っている求人が違う

就職・転職エージェントサイトは求人情報を共有しておらず、それぞれ独自の求人情報を集めています。

A株式会社はエージェントBにのみ求人を出していて、C株式会社はエージェントDにのみ求人を出している、といった状態です。

エージェントBにのみ登録している人は、C株式会社の求人を見つけることは出来ません。

つまり、少しでも多くの求人から仕事を探したい人は、複数のエージェントに登録しておくべきです。

担当者のやる気が出る

エージェントでは、「あなたのエージェントしか利用していません!(掛け持ちなし)」という人よりも「他社でも求人を探しています(掛け持ちあり)」という人の方が優遇されます。

掛け持ちなしの人は「慌てて就職してもらわなくても、待ってくるだろう」と思われるので、担当者の連絡が遅かったり、条件の良い非公開求人の紹介が回って来にくいのです。

掛け持ちありの人は「早くウチ経由で就職を決めてもらわないと、他社経由で就職されたら利益が入らない!」と思われるので、担当者の連絡が早く、条件の良い非公開求人をどんどん回してくれます。

担当者には焦ってもらったほうが良いので「掛け持ちしてるよ~」ということは、どんどん伝えちゃった方がオトクですよ。

やり取りできる限り多く登録を!

エージェントサイトを掛け持ちすると、それぞれとやり取りする手間は増えます。

その手間を考えても、複数登録するメリットは大きいので、あなたのやり取りできる限界まで登録&面談していきましょう。

エージェントに関する不安を解決❗

登録してたくさんメールが届くのが困る

エージェントに登録すると求人の案内が届くので、毎日複数のメールが届いて混乱するという可能性があります。

もしいまお使いのメールアドレスに多くのメールが届くのが困るのであれば、お仕事探し専用のメールアドレスの作成がおすすめ。

Gmailであれば無料で作れて、ひとりで複数のアカウントを作っても問題ありません。スマートフォンアプリを使えば、ログインし直さなくても、複数アカウントのメールの確認が簡単にできます。

この記事で紹介した障害者向け就職・転職エージェント

-就職・転職エージェント

Copyright© 障害者雇用の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.