障害者向けの就労移行支援について紹介しています。就労継続支援A型事業所とは?就労継続支援B型事業所とは?

就労継続支援・就労移行支援・障害者枠就職の探し方

ユニクロ・guの障害者枠雇用。仕事内容や給料、雇用形態はどうなるの?

障害者枠就職

ユニクロ・guの障害者雇用。仕事内容や給料、雇用形態はどうなるの?

更新日:

ユニクロやguなどのアパレルブランドを運営する「株式会社ファーストリテイリング」は障害者雇用を積極的に行う会社です。

障害者雇用促進法による企業の障害者の雇用率は約2%以上(50人に1人)ですが、ユニクロでは「1店舗1人以上」を目標に障害者を採用し、約9割の店舗で障害者のスタッフが働き、障害者の雇用率は5%(20人に1人)を超えています。

guもユニクロほどではありませんが、障害者の方を積極的に採用しています。

また、本社である株式会社ファーストリテイリングのグループ企業でも障害者の雇用を積極的に行っています。

ユニクロ・guの仕事はどんな内容?

障害の特性や店舗の状況により業務内容は異なります。

  • 事務作業
  • 商品の補正・裾上げ
  • ハンガーかけ
  • 服たたみ

ユニクロ・guに障害者枠で採用された人は、原則バックヤード担当で、接客はほとんどありません。

「長時間立てない」「こまめに休憩が必要」など障害による特性で出来ないことを面接時に伝えれば配慮されます。

ユニクロやguは買い物中のお客さんにスタッフからの声がけをしないブランドなので、「接客して服を売り込む」という業務は一切ありません。

労働時間は?

最初は短時間から勤務し、徐々に慣らしていく方針です。

慣れてきたら週4~5日、フルタイムで働くことが多いです。

障害があることで特別扱いされるわけではない

ユニクロの障害者の仕事方針は「出来る人ができる仕事をやる」といったもの。

障害の特性によりどうしても難しい仕事や通院による休みの申請などはある程度配慮されますが、特別扱いされるわけではなく、健常者と同じような労働を求められます。

その分、雇用形態や給料も障害者だからと差別されることは少ないです。

雇用形態はアルバイトが多め。正社員登用もあり

障害者枠で入社した人は最初はパート・アルバイト採用が多いようです。

 

長く続けて仕事が評価されると、準社員に登用される人も多くいます。

ユニクロ・guの障害者雇用の離職率・定職率は?

ユニクロやguで働く障害者の離職率・定職率の正式な数字は現在公開されていません。

現在わかる状況としては「健常者よりも障害者雇用の方が離職率が低い」というデータがでているようです。

ユニクロ・guの採用倍率は?

ユニクロ・guの障害者採用は1店舗に1人が基本なので、採用倍率は一定ではありません。

募集したときに1人しか応募がなければ、大きな問題がなければ採用されます。

1人の枠に複数人の応募があれば、健常者とほぼ同じ業務が出来ても不採用になる可能性があります。

採用倍率や採用されるかは、その時の運・タイミングの要素が強いですね。

給料・時給は健常者とあまり差がない

ユニクロやguで採用されたときの給料は健常者とほぼ同じです。

地域によって異なりますが、東京都内だと時給1000円以上からのスタートもあります。

長く真面目に働いて準社員以上に登用されれば、年収300万円以上を目指すことも可能です。

障害者のアルバイト採用は最低賃金に近い金額が多いですが、ユニクロ・guは障害者雇用の賃金が高い企業のひとつです。

アルバイト採用でもボーナスが貰える

ユニクロは毎年4月と10月にパート・アルバイト社員にもボーナスを支給しています。

障害者枠として雇用された人もボーナスの対象です。

金額は売上によって異なります。

全国すべての店舗で障害者の採用があるが募集は少なめ

ユニクロは「1店舗1人以上」の障害者雇用を目指しているので、全国すべての店舗で障害者を採用しています。

ただし離職率は低いので「すでに障害者を雇用していて枠が埋まっている状態」の店舗が非常に多いのです。

募集があるのは「働いている障害者が辞めたとき」「新規店舗がオープンしたとき」のどちらか。

上手くそのタイミングに巡り会えれば、ユニクロの障害者枠への応募ができます。

どんな障害を持つ人が対象なの?

明確な採用基準は公表されていません。

口コミなどを見ていると

  • 身体障害
  • 知的障害
  • 発達障害

を持っている方が働いているようです。

ユニクロで障害者いじめがあるって本当?

2014年に週刊文春で「ユニクロの障がい者社員パワハラがあった」という記事が出回りました。

内容としては

  • 被害に合ったのは障がい者手帳B1級を持つ自閉症の準社員
  • 週30時間労働で7年間働いていた
  • 店舗のシフトから外され、給与を受け取れなかった
  • 店長に「次の更新はないからな」などの言葉を言われた
  • 仕事ができないことに対して怒鳴られた

というものです。あまり詳しい記事は出回らなかったため、事実の真偽やその後の対応は明らかにされていません。

この記事自体が5年以上前のもので、その後はあまり悪い噂は聞かないので、現在は改善されているのかと思われます。

不安な方は転職エージェントサイト経由で就職すれば、定着するまでのサポートが受けられるので、就職してすぐにいじめのようなことがあった場合も相談ができます。

転勤が多いので上司や同僚がすぐに変わる

ユニクロやguは転勤の多い企業です。

障害者枠で採用された人は転勤しませんが、健常者の社員の人は数ヶ月~数年のペースでどんどん異動していきます。

メリットは嫌な上司や同僚がいても、少し我慢していれば入れ替わる可能性があり、いろんな人とコミュニケーションを取ることができます。

デメリットとしては、せっかく人間関係を築いてもすぐに人が入れ替わってしまったり、新しく来た人と合わない可能性がありますね。

ユニクロ・guの障害者雇用はやる気のある人にはおすすめ

ユニクロ・guの障害者雇用は健常者とほぼ同じように働くやる気のある人にはおすすめの企業です。

積極的に障害者を雇用していて、障害者のための仕事内容やマニュアルも充実しています。

ある程度仕事の能力は求められますが、仕事をこなしていれば障害者だからと差別されることなく評価されていきます。

給与や待遇面でも健常者とほぼ同じで、準社員以上を目指していくことも可能です。

ユニクロとgu。どちらが障害者枠の求人が多い?

ユニクロは1店舗1人の障害者雇用を目指していますが、guは明確な目標を掲げていません。

実際の口コミなどを見ていても、guよりもユニクロの方が積極的に障害者を採用しているようでした。

ユニクロやguの障害者枠求人はどこにある?

ユニクロやguの障害者枠の求人がどこにあるのかは公表されていません。

ハローワークでも募集されていますが、サポート体制が弱いのでおすすめしません。

複数の転職エージェントに登録し、ユニクロの求人を探す・待つのがおすすめです。

転職エージェントならユニクロだけでなく「ユニクロに近い体制の企業」や「他のアパレルブランド」の求人も積極的に教えてくれるので、ユニクロの募集がなくても、希望にあった職場を探しやすいメリットがあります。

運営会社の事務スタッフも募集あり

ユニクロやguの店舗だけでなく、運営会社の株式会社ファーストリテイリングのグループ企業でも時期によっては事務スタッフ(契約社員)の募集を行っています。

仕事内容は電話対応、データ入力、資料作成、書類の仕分け、備品管理などの簡単なもの。

障害の度合いにより、仕事内容の配慮もあります。

私が情報を探しているときはdodaチャレンジで求人が公開されていました。

 

-障害者枠就職

Copyright© 就労継続支援・就労移行支援・障害者枠就職の探し方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.