障害者向けの就労情報サイトです。障害者雇用、就労移行支援、就労継続支援A型、B型について説明しています。

障害者雇用の教科書

ユニクロ・guの障害者枠雇用。仕事内容や給料、雇用形態はどうなるの?

職種・業種

ユニクロ・guの障害者雇用。仕事内容や給料、雇用形態はどうなるの?

ユニクロやguなどのアパレルブランドを運営する「株式会社ファーストリテイリング」は障害者雇用を積極的に行う会社です。

障害者雇用促進法による企業の障害者の雇用率は約2%以上(50人に1人)ですが、ユニクロでは「1店舗1人以上」を目標に障害者を採用し、約9割の店舗で障害者のスタッフが働き、障害者の雇用率は5%(20人に1人)を超えています。

guもユニクロほどではありませんが、障害者の方を積極的に採用しています。

また、本社である株式会社ファーストリテイリングのグループ企業でも障害者の雇用を積極的に行っています。

ユニクロ・guの仕事はどんな内容?

ユニクロの仕事内容

障害の特性や店舗の状況によりますが、バックヤード作業がメインです。

  • 事務作業
  • 商品の補正・裾上げ
  • ハンガーかけ
  • 服たたみ

ユニクロ・guに障害者枠で採用された人は、原則バックヤード担当で、接客はほとんどありません。

「長時間立てない」「こまめに休憩が必要」など障害による特性で出来ないことを面接時に伝えれば配慮されます。

ユニクロやguは買い物中のお客さんにスタッフからの声がけをしないブランドなので、「接客して服を売り込む」という業務は一切ありません。

労働時間・休日日数は?

週4~5日、1日6~8時間程度働くことが多いです。

基本は週5勤務で、年間休日日数は105日程度。

土日祝の固定休ではなく、シフト休で平日休みがメインになります。

最初は短時間から勤務し、徐々に慣らしていくことは可能です。

仕事内容や勤務体制はややきつい

ユニクロの障害者の仕事方針は「出来る人ができる仕事をやる」といったもの。

障害の特性によりどうしても難しい仕事や通院による休みの申請などはある程度配慮されますが、特別扱いされるわけではなく、健常者と同じような労働を求められます。

休みも少なく、フルタイムの場合は年間休日数は105日程度で休みは平日メインです。

正直、障害者にとって働きやすい条件ではありません。

その分、雇用形態や給料も障害者だからと差別されることはなく、他の人と同じように業務をこなしていけます。

でも「他の人と同じような業務をある程度こなせる人」なら、他を探せば正社員や契約社員でもっと条件の良い仕事はたくさん見つかりそうですね💦

給料・時給・年収は健常者と同じ

ユニクロやguに障害者雇用で採用されたときの給料は一般のアルバイトと同じです。

地域によって異なりますが、 都市部で1000~1200円、地方で800~1000円程度です。

時給1000円、 1日7時間勤務、 週5日(月平均22日)、ボーナス1ヶ月分だとして、月収15.4万円、年収約200万円です。

長く真面目に働いて準社員以上に登用されれば、年収300万円以上を目指すことも可能です。

ユニクロ・guの求人の給料の例

  • ユニクロ 銀座店(東京都):時給1200~1360円
  • ユニクロ 葛飾奥戸店(東京都):時給1050~1210円
  • ユニクロ イオンモール大高店(愛知県):1050~1210円
  • ユニクロ 堺高島屋店(大阪府):時給1000~1160円
  • gu 名古屋ゲートタワー店:時給1000~1100円
  • gu 心斎橋店(大阪府):時給1000~1100円
  • gu 和歌山永穂店:時給900~1000円
  • gu イオンモール鳥取北店:時給850~950円
  • gu させぼ五番街店(長崎県):時給800~900円

すべての店舗で、同じ店舗の一般のアルバイト求人と比べ、時給に差はありませんでした。

※求人情報は記事執筆時のものです。

アルバイト採用でもボーナスが貰える

ユニクロ・guは毎年4月と10月にパート・アルバイト社員にもボーナスを支給しています。

障害者枠として雇用された人もボーナスの対象です。

金額は売上によって異なりますが、だいたい年間2回の合計で、給与1ヶ月分程度です。

雇用形態はアルバイト。社員登用もあり

障害者枠で入社した人は、最初はパート・アルバイト採用です。

制度として正社員登用はありますが、実際に正社員になっている人がいるのかは不明です。

ユニクロ・guの障害者雇用の離職率・定職率は?

ユニクロやguで働く障害者の離職率・定職率の正式な数字は現在公開されていません。

現在わかる状況としては「健常者よりも障害者雇用の方が離職率が低い」というデータがでているようです。

ユニクロ・guの採用倍率は?

ユニクロ・guの障害者採用は1店舗に1人が基本なので、採用倍率は一定ではありません。

募集したときに1人しか応募がなければ、大きな問題がなければ採用されます。

1人の枠に複数人の応募があれば、健常者とほぼ同じ業務が出来ても不採用になる可能性があります。

採用倍率や採用されるかは、その時の運・タイミングの要素が強いですね。

全国すべての店舗で障害者の採用があるが募集中の店舗は少なめ

ユニクロは「1店舗1人以上」の障害者雇用を目指しているので、全国すべての店舗で障害者を採用しています。

ただし離職率は低いので「すでに障害者を雇用していて枠が埋まっている状態」の店舗が非常に多いのです。

募集があるのは「働いている障害者が辞めたとき」「新規店舗がオープンしたとき」のどちらか。

上手くそのタイミングに巡り会えれば、ユニクロの障害者枠への応募ができます。

どんな障害を持つ人が対象なの?

明確な採用基準は公表されていません。

口コミなどを見ていると

  • 身体障害
  • 知的障害
  • 発達障害

など、さまざまな障害を持つ人が働いています。

ユニクロで障害者いじめがあるって本当?

2014年に週刊文春で「ユニクロの障がい者社員パワハラがあった」という記事が出回りました。

内容としては

  • 被害に合ったのは障がい者手帳B1級を持つ自閉症の準社員
  • 週30時間労働で7年間働いていた
  • 店舗のシフトから外され、給与を受け取れなかった
  • 店長に「次の更新はないからな」などの言葉を言われた
  • 仕事ができないことに対して怒鳴られた

というものです。あまり詳しい記事は出回らなかったため、事実の真偽やその後の対応は明らかにされていません。

この記事自体が5年以上前のもので、その後はあまり悪い噂は聞かないので、現在は改善されているのかと思われます。

不安な方は転職エージェントサイト経由で就職すれば、定着するまでのサポートが受けられるので、就職してすぐにいじめのようなことがあった場合も相談ができます。

実際の働きやすさは、その店舗の店長・スタッフとの相性次第

ユニクロやguで障害者雇用で採用された人への仕事の割り振りや障害への配慮などは、ある程度のマニュアルはありますが、基本は店舗の責任者に任せられています。

つまりユニクロの労働環境が「良い」のか「悪い」のかは、その店舗にいる上司次第という部分が大きいです。

またその店舗で働くスタッフによって「障害者雇用の人も同じ仲間!一緒に頑張ろう!」という意識の人と「障害者雇用の人って関わりにくいなぁ・・・」という意識の人はいます。

働きやすいかどうかは、実際に行ってみないとわからない部分が多いですね。

転勤が多いので上司や同僚がすぐに変わる

ユニクロやguは転勤の多い企業です。

障害者枠で採用された人は転勤しませんが、健常者の社員の人は数ヶ月~数年のペースでどんどん異動していきます。

メリットは嫌な上司や同僚がいても、少し我慢していれば入れ替わる可能性があり、いろんな人とコミュニケーションを取ることができます。

デメリットとしては、せっかく人間関係を築いてもすぐに人が入れ替わってしまったり、新しく来た人と合わない可能性がありますね。

ユニクロ・guの障害者雇用はブラックorホワイト?

ユニクロ・guの障害者雇用はアパレル業界の中ではそこそこホワイトですが、障害者雇用全体で見ると、それほど条件が良いわけではありません。

ユニクロやguは「障害者雇用を積極的に行っている企業」ではありますが、「障害者にとって働きやすい」とは限らないのです。

まず、基本は時給制のアルバイトなので、フルタイムで週5日働いても月収は15~18万円程度。ボーナス1ヶ月分を足しても年収は250万円以下です。

正社員登用の制度はありますが難易度が高く、長くユニクロに働いている人でも「障害者雇用で社員になった人は見たことがない」というレベル。

また、ユニクロは「時給は健常者と同じで、障害で配慮が必要な部分以外は、健常者と同じように働く」といった方針なので、仕事内容はややハードです。

転職エージェント経由で探せば、年収300万円以上の正社員や契約社員で、負担の少ない仕事(事務や製造など)は他にもたくさんあります。

「ユニクロやguはブラック企業だ!」というほど条件の悪い仕事ではありませんが「どうしてもユニクロやguが良い」「アパレル業界で働きたい」という方以外は、他の会社も視野にいれながら仕事を探すことをおすすめします。

ユニクロやguの障害者枠求人はどこにある?

ユニクロやguの障害者枠の求人は、ハローワークの障害者求人情報簡易検索で見つかります。

各都道府県の求人一覧ページを開き、求人番号が『35010』から始まるものが、ユニクロ・guの求人です。 『販売の職業』に分類されていることが多いです。

ただ、全体的に求人数は少なく、東京や大阪などの都市部以外の各都道府県に出ている求人は0~5店舗程度でした。

転職エージェントならユニクロだけでなく「ユニクロに近い体制の企業」や「他のアパレルブランド」の求人や「もっと高いお給料で働ける求人」が掲載されています。

「どうしてもユニクロやguで働きたい!」というこだわりがなければ、エージェントを利用し、他と比較しながらお仕事を探していくことがおすすめです。

↓就職・転職エージェントサイトの比較はこちら↓

アパレル業界の仕事内容や給料

アパレル業界は「好きだからやる」仕事に近く、雇用条件はどちらかというと悪めです。

下の記事では、アパレルの仕事内容や給料についてまとめています。

障害者雇用でアパレルの仕事がしたい!給料や仕事内容・探し方は?
障害者雇用でアパレルの仕事がしたい!給料や仕事内容・探し方は?

洋服やファッション小物を販売するアパレルショップ。 障害者雇用で仕事を探している方には、アパレル業界で働きたい方も多いのではないでしょうか。 この記事では障害者雇用でアパレルブランドで働いたときの給料 ...

続きを見る

運営会社の事務スタッフも募集あり

ユニクロやguの店舗だけでなく、運営会社の株式会社ファーストリテイリングのグループ企業でも時期によっては事務スタッフ(契約社員)の募集を行っています。

仕事内容は電話対応、データ入力、資料作成、書類の仕分け、備品管理などの簡単なもの。

障害の度合いにより、仕事内容の配慮もあります。

私が情報を探しているときはdodaチャレンジで求人が公開されていました。

-職種・業種

Copyright© 障害者雇用の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.