障害者向けの就職・転職エージェント&サイトまとめ【比較&おすすめ5社】

障害者向けの就職・転職エージェントサイトまとめ

障害を持つ人がお仕事を探す方法はこのようなものがあります。

  • ハローワーク
  • 障害者職業センター
  • 就労移行支援
  • 障害者向け求人サイト
  • 障害者向け就職・転職支援サービス(エージェント)

この中でも、特に就職活動がしやすく、高収入・好条件のお仕事が探せるのが「障害者向け就職・転職支援サービス(エージェント)」です。

ただし、エージェントは安定して働ける方向けの良質な求人を揃えているので、現在の状況によっては、利用をお断りされてしまうこともあります。

利用するサイトや希望する条件によっても異なりますが

  • 直近2年間、(就労継続支援等も含めて)全く就労していない
  • 過去に、正社員や契約社員の転職を何度も繰り返している
  • 医師から一般就労は控えるように言われている
  • 週30時間以上の就労が出来ない

といった状況の人は、エージェントに応募しても利用を断られる可能性が高いです。

エージェントとは少し異なりますが、障害者雇用バンクならアルバイト求人や就労継続支援への紹介も行っているので、上記に当てはまる方でも仕事探しがしやすいかも。

また、じっくり仕事探しをするのなら、就労移行支援の利用も検討してみましょう。

↓すぐにエージェント&サイトを一覧で見る↓

💡好条件・高収入の仕事探しのコツ:エージェントは会社ごとに取り扱っている求人が異なります。お住まいの地域に対応した2~3社にまとめて登録しておくと、より多くの求人が紹介され、良い条件でのお仕事が見つかりやすくなります。

特にいまはオンラインでの面談を積極的に行ってくれるので、お仕事探しのチャンスです。

\悩んだら、この3社から登録!/

ランスタッドdodaチャレンジatGP

>>公式サイト
好条件の転職探しにおすすめ

>>公式サイト
求人数が多さが魅力!

>>公式サイト
サイトのわかりやすさNo1
全国の求人に対応
地方にも面談オフィスあり
フルタイムで好条件の求人が多め
>>詳細
全国の求人に対応
正社員からパートまで幅広い求人
対面or電話で面談可
>>詳細
全国の求人に対応
対面or電話orオンラインで面談可
公開求人の情報がわかりやすい
>>詳細

求人情報は日々変化します。より条件に合ったお仕事を探すためには、「求人情報を多く受け取ること」が大切。面倒かもしれませんが、多くの支援サービスに早く登録を行い、就職・転職活動を始めた人の方が、良い仕事に巡り会えます。

障害者雇用の転職で年収アップするならランスタッドがおすすめ

「就職」ではなく「転職」で年収アップを目指す方におすすめの転職支援サービスは「randstad(ランスタッド)」。

専任コンサルタントが面談から定着フォローまで一貫してサポートしてくれます。

正社員の質の良い求人に特化しており、大手企業や年収アップの特集ページも用意されており、年収アップを望む人に人気の転職支援サービスです。

障害者の就職・転職にはエージェントが必須な理由

障害者向けの求人には、求人内容には書かれない『裏条件』があります。

例えば「身体障害の人のみ」「発達障害の人のみ」「女性のみ」「障害○級の人まで」「39歳以下のみ」「容姿が整った人がいい」といったものです。

このような条件は求人にはっきり書くことは出来ないので、自分で仕事を探して応募すると『裏条件』にひっかかって不採用になりがちです。

自分で求人を探した場合

そこで活用するのが就職・転職エージェントです。

運営側のスタッフは企業が求めている『裏条件』を知っているんので、あなたが採用される可能性のある求人のみを紹介してくれます。

エージェント経由の場合

会社が求める人物像とあなたが一致している状態で応募できるので、自分で探して応募するよりも採用される確率は高くなります。

結果、好条件の仕事を早く見つけることができますし、何度も面接に行って不採用になるストレスも軽減されます。

働く上での課題・注意点の把握にも有効

障害者向けの転職エージェントは、お仕事の紹介前に、働く上での課題や注意点の把握もお手伝いしてくれます。

課題や注意点を理解することで「どんな職種なら良いのか」「雇用先とどのような話し合い」が明確にわかるので、働きやすい職場探しが可能です。

転職エージェントに利用料はかかる?

就労継続支援や就労移行支援は収入に応じて利用料がかかりますよね。

就職・転職エージェントサイトは、採用が決まったときに企業から支払われるお金で運営しています。

利用者(仕事を探す人)がエージェント側からお金を請求されることはなく、完全無料で使えます。

※「登録料」「手数料」などを請求するところがあれば、明らかに怪しいので辞めておきましょう。

ただし面談や面接に行く際の交通費、スーツ代などの実費は自己負担になります。

利用するための条件は?

国が運営する障害福祉サービスではないので、利用するのに明確な条件はありません。

条件に関してはエージェントが独自で決めていますが、障害者雇用で働くには手帳が必要なので「障害者手帳を持っているor取得の見込みがあること」は必須ですね。

いままでの就労実績や障害の種類などを限定して仕事を紹介しているエージェントもあります。

条件がある場合は会員登録画面に書かれているので確認しておきましょう。

例:ランスタッドの場合
ハイリ

ハイリ

それではさっそく、私のおすすめする障害者向け就職・転職エージェントサイトをご紹介しますね。

地方在住でも求人が見つかるエージェント

ほとんどエージェントでは、東京勤務の求人は常に100件以上出ていますが、地方は10件あれば良い方です。

体感的に、地方での求人が多いのはagGPランスタッド。dodaチャレンジはやや都市部に偏っている印象です。

特にランスタッドは地方にもオフィスがあり、対面でのサポートを受けやすいので、地方の人でも不利にならずにお仕事が探せます。

とはいえ、どのエージェントでも地方の求人数は少なめ。なるべく多くのエージェントに登録し、求人情報を集めることで、より良い職場に出会える確率がアップします。

おすすめ:障害者雇用バンク

公式サイト:https://eraviva.jp/
対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人・申請中の人
対象地域全国(北海道・四国・沖縄も含む)
オフィスWEB面談のみ
面談方法WEB面談、電話
求人数約4000件

障害者雇用バンクは、他のエージェントとは少し違った、新しい形の障害者向け求人サイトです。

一般的なエージェントの場合、一般企業のフルタイム案件をメインに掲載しているため、安定した就労や長時間の勤務が難しいと判断された人は登録を「お断り」されてしまうケースもあります。

障害者雇用バンクでは、働きやすいアルバイトや就労継続支援なども掲載されており、障害を持っている人なら「登録のお断り」は一切ありません。

サービス開始から約1年半後の累計の登録者数は10,000人を超えていて、4,000件程度の求人情報が掲載されています。(時期によって変動あり)

ハイリ

ハイリ

求人数より累計登録者が多いけど、累計登録者にはすでに就職した人も含まれているので、倍率が高いわけではありません。

また、面談はオフィスに出向く必要がなく、スマホやパソコンでのWEB面談で完結。

地方に住んでいる人や、オフィスに出向く時間がない人でも、気軽に就職・転職活動が始められます。

\3万人が登録する日本最大級の障害者向け求人サイト/

※登録に審査はありません。5つの質問に答えるだけで簡単に完了します。

おすすめ:dodaチャレンジ

dodaチャレンジ
公式サイト:https://doda.jp/challenge/
対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人・申請中の人
対象地域全国(北海道・四国・沖縄も含む)
オフィス東京・大阪・名古屋
面談方法オフィス・電話・チャット・テレビ電話
求人数803件+非公開求人(2019年7月)
入社後フォロー1ヶ月、3ヶ月にヒアリングあり。困ったときは随時相談可。
精神障害支援専門のキャリアアドバイザーによるカウンセリング、理解のある企業の求人紹介、入社後のフォローが可能

バイト情報誌anなどを手がける人材紹介の大手・パーソナルグループが運営する障害者雇用支援サービスです。

atGPと並んで業界大手で、利用者からの評判も良い会社。

北海道から沖縄まで全国の求人情報があり、オフィスまで行くのが難しい方は電話・チャット・テレビ電話での面談もOK。

利用者1名あたり、担当エージェントが2名つくので、スムーズな連絡が可能です。

高収入・好条件の求人だけでなく、障害が重い方でも就職しやすいカンタンな業務の求人も多く掲載されています。

作業所や一般企業からの転職を希望の人は、今の職場の円満退社に向けたアドバイスも貰えるようです。

\無料登録であなた専用の求人情報が届く/

dodaチャレンジの関連サービス

おすすめ:ランスタッド

ランスタッド
対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人
対象地域全国(北海道・四国も含む)
オフィス全国60箇所以上
面談方法オフィス
求人数約390件+非公開求人(2019年12月)
入社後フォロー入社後のフォロー体制あり
精神障害支援精神保健福祉士による、精神保健福祉士法に基づいた専門的な就労支援が可能※関東のみ

世界38カ国、4800以上の地域に拠点を持つ総合人材サービス企業のランスタッドが運営している障害者転職支援サービスです。

サイトの作りがややわかりにくいのですが、WEBエントリーが簡単で、登録すれば担当者から連絡が来ます。

全国に求人を持っていて、オフィスも60箇所以上あるので、地方在住の方でも面談や定着フォローを受けやすいのも嬉しいメリットです。

※精神障害の方向けの精神保健福祉士の資格を持った専門コンサルタントの対応は、首都圏のみとなります。

\無料登録であなた専用の求人情報が届く/

おすすめ: アットジーピー

atGP
対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人
対象地域全国(北海道・四国・沖縄も含む)
オフィス東京・大阪・名古屋
面談方法オフィス・電話・スカイプ
求人数679件+非公開求人(2019年7月)
入社後フォロー内定時・入社時の不安もサポート
精神障害支援あまり積極的ではなさそう

障害者向けの事業を広く行う株式会社ゼネラルパートナーズの障害者雇用支援サービスです。

15年以上運営されていて、障害者の転職サポート実績はNo1。

北海道から沖縄まで全国の求人情報があり、オフィスまで行くのが難しい方は電話やスカイプでの面談もOK。

あなたの状況や希望により

  • atGPエージェント・・通常の障害者向け就職・転職支援サービス
  • atGPハイクラス・・年収500万以上を目指す障害者向け就職・転職支援サービス
  • atGPアスリート・・スポーツを行う障害者向け就職・転職支援サービス
  • atGP就活エージェント・・新卒学生用の障害者向け就職・転職支援サービス
  • atGP転職(スカウト)・・企業からのスカウトを待つタイプの障害者向け就職・転職支援サービス

の中から当てはまるものを利用できます。

ネットで確認できる公開求人の内容が他のサイト詳しいのもメリットです。

ホームページを見た限り、精神障害へのお仕事の紹介はゼロではないけどあまり積極的ではなさそう。

精神障害の方は自社の就労移行支援『リドアーズ』や『シゴトライ』でしっかり支援を受けてからお仕事を紹介する方針かもしれません。

\無料登録であなた専用の求人情報が届く/

atGPの関連サービス

ラルゴ

ラルゴ高田馬場
対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人
対象地域関東
オフィス高田馬場、立川、横浜、千葉
面談方法オフィス
求人数非公開求人600社
入社後フォロー定着して働けるまできちんとサポートされる
精神障害支援障害者専門のアドバイザーが支援

株式会社アスリートプランニングの障害者雇用支援サービスです。

アスリートプランニングは体育会系の就職支援会社ですが、ラルゴは障害者手帳を持つ人が誰でも利用できます。

書類や面接などの就職・転職スキルのサポートが手厚く、非常に親切なエージェントです。

上の3社に比べて、利用者数が少ないので、細やかなサポートを受けることがdけいます。

業界で20年以上の実績を誇り、紹介先の企業も約7割が30年以上続いている安定企業です。

AgentSana

AgentSana
対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人
対象地域東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木・大阪・京都・兵庫・滋賀
オフィス東京・大阪
面談方法オフィス
求人数不明
入社後フォロー入社後面談にて、安心して働けるようになるまでフォロー
精神障害支援精神障害者向けの非公開求人を多数取り扱い

障害者雇用に特化した株式会社イフの障害者雇用支援サービスです。

対象地域は、関東と関西のみ。

面談は東京(五反田)か大阪(長堀橋)にあるオフィスに行か、出張面談に参加する必要があります。

オフィスに行く手間はかかりますが、その分本気の利用者が多いので

  • 面談後2ヶ月以内に60%の人が内定をGET
  • 利用者の約80%が希望年収以上の内定をGET
  • 内定者の20%以上が上場企業の内定をGET

といった、高い実績を誇っています。

アビリティスタッフィング

対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人・申請中の人
対象地域首都圏
オフィス東京(銀座)
面談方法初回は登録説明可・セミナーに参加
求人数不明
入社後フォロー
精神障害支援

リクルートグループが運営する就職・転職エージェントです。

オープンポジションや一般事務の求人がメインになります。

登録には、毎週2回行われる2時間程度の「アビリティゲート(登録説明会・セミナー)」に参加する必要があります。

経験やスキルに不安のある方、体調・体力に不安がある方向けに、リクルートスタッフィングで事務職の就業体験を受けることもできます。

クローバーナビ

クローバーナビ
対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人・申請中の人
対象地域全国(北海道・四国・沖縄も含む)
オフィスなし
面談方法面談なし
求人数不明
入社後フォロー
精神障害支援

障害者向けの就職情報誌のクローバーが運営する求人サイトです。全国各地で就職フォーラムをも行っています。

エージェントではなく求人サイトなので、担当者をつけてサポートを受けることはできず、自分で求人を探して応募する必要があります。

検索して気になる企業が見つかれば利用する価値はありますが、サポートは受けられないので、基本は他のエージェントを使ったほうが良いでしょう。

バブナビ

対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人・申請中の人
対象地域全国(北海道・四国・沖縄も含む)
オフィスなし
面談方法面談なし
求人数不明
入社後フォロー
精神障害支援

掲載数業界トップクラスの障害者向け求人サイトです。

バブナビ独自の案件だけではなく、ハローワークに掲載されている求人情報も同時に探せます。

エージェントではなく求人サイトなので、担当者をつけてサポートを受けることはできず、自分で求人を探して応募する必要があります。

検索して気になる企業が見つかれば利用する価値はありますが、サポートは受けられないので、基本は他のエージェントを使ったほうが良いでしょう。

パソナハートフル

パソナハートフル
対象者身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持つ人・申請中の人
対象地域首都圏
オフィスなし
面談方法面談なし
求人数不明
入社後フォロー
精神障害支援

「才能に障害はない!」をスローガンに、各グループ会社からの受託業務や製造のお仕事を行っています。

事務や製造のお仕事の自社雇用がメインになりますが、お仕事紹介(エージェント)のサービスもあり。

パソナハートフル自体で働きたい方には良いですが、エージェントとしては求人数は少なく、あまり大きな事業としては行っていないようです。

お仕事紹介は首都圏のみですが、自社雇用は東京、千葉、大阪で行っています。

転職サイト・エージェントを上手に利用するコツ

せっかくエージェントを利用するなら、できるだけ好条件・高収入の仕事探したいですよね。

良い仕事に巡り会える、転職サイト・エージェントを上手に利用するコツはこの3つです。

早めに面談にする

転職エージェントサイトに登録しても、すぐに就職・転職活動が始められるわけではありません。

まずは面談を行って、あなたの状態や希望を伝えてから、求人の紹介がはじまります。

早めに紹介が来たほうが早く就職できますし、登録→面談の期間が短いと「やる気のある人」と思われるので、いい求人が紹介されやすくなる可能性も。

すぐにオフィスに行く都合がつかない方、遠すぎて行けない方は、atGPdodaチャレンジで電話やオンライン面談ツールを使った自宅での面談も行っています。

メールや電話の連絡はこまめに

好条件・高収入の人気求人は1日で締め切られることもあります。

メールや電話の返答が遅いと、返したときには既に募集が終わっていることも。

また、面談の速さと同じく、メールの返信が早かったり、電話にすぐ出ると「やる気のある人」と思われるので、いい求人が紹介されやすくなる可能性も。

既に働いている転職希望の方は忙しいとは思いますが、なるべく24時間以内には連絡を返すように心がけましょう。

複数登録する

登録して利用するエージェントサイトは1社に絞らず、最低2社以上の掛け持ちがおすすめです。

障害者雇用の転職で年収アップするならランスタッドがおすすめ

「就職」ではなく「転職」で年収アップを目指す方におすすめの転職支援サービスは「randstad(ランスタッド)」。

専任コンサルタントが面談から定着フォローまで一貫してサポートしてくれます。

正社員の質の良い求人に特化しており、大手企業や年収アップの特集ページも用意されており、年収アップを望む人に人気の転職支援サービスです。

エージェント登録は2社以上がおすすめ。掛け持ちOKです!

エージェントの掛け持ち

障害者向けの就職・転職エージェントサイトを利用するときは、1社だけではなく最低2社以上、なるべく多く登録&面談することがおすすめです。

エージェントを掛け持ちすること、掛け持ちしていると伝えることは全く問題ありません。

稀に掛け持ちで態度が悪くなる担当者がいるようですが、そんな態度を取るのは仕事のできない人なので、担当かエージェントサイトを変えちゃいましょう。

エージェントごとに取り扱っている求人が違う

就職・転職エージェントサイトは求人情報を共有しておらず、それぞれ独自の求人情報を集めています。

A株式会社はエージェントBにのみ求人を出していて、C株式会社はエージェントDにのみ求人を出している、といった状態です。

エージェントBにのみ登録している人は、C株式会社の求人を見つけることは出来ません。

つまり、少しでも多くの求人から仕事を探したい人は、複数のエージェントに登録しておくべきです。

担当者のやる気が出る

エージェントでは、「あなたのエージェントしか利用していません!(掛け持ちなし)」という人よりも「他社でも求人を探しています(掛け持ちあり)」という人の方が優遇されます。

掛け持ちなしの人は「慌てて就職してもらわなくても、待ってくるだろう」と思われるので、担当者の連絡が遅かったり、条件の良い非公開求人の紹介が回って来にくいのです。

掛け持ちありの人は「早くウチ経由で就職を決めてもらわないと、他社経由で就職されたら利益が入らない!」と思われるので、担当者の連絡が早く、条件の良い非公開求人をどんどん回してくれます。

担当者には焦ってもらったほうが良いので「掛け持ちしてるよ~」ということは、どんどん伝えちゃった方がオトクですよ。

やり取りできる限り多く登録を!

エージェントサイトを掛け持ちすると、それぞれとやり取りする手間は増えます。

その手間を考えても、複数登録するメリットは大きいので、あなたのやり取りできる限界まで登録&面談していきましょう。

エージェントに関する不安を解決❗

登録してたくさんメールが届くのが困る

エージェントに登録すると求人の案内が届くので、毎日複数のメールが届いて混乱するという可能性があります。

もしいまお使いのメールアドレスに多くのメールが届くのが困るのであれば、お仕事探し専用のメールアドレスの作成がおすすめ。

Gmailであれば無料で作れて、ひとりで複数のアカウントを作っても問題ありません。スマートフォンアプリを使えば、ログインし直さなくても、複数アカウントのメールの確認が簡単にできます。

この記事で紹介した障害者向け就職・転職エージェント

障害者のお仕事探しなら「障害者雇用バンク」がおすすめ!

働きたいけど、どう動けば良いのかわからない!

就職支援サービスに登録したら、紹介できる求人がないと「お断り」されてしまった💦

そんな人におすすめなのが、3万人が利用する日本最大級の障害者向け求人サイト障害者雇用バンク」です。

  • 「一般就労(社員・アルバイト)」「就労移行支援」「就労継続支援」など現状に合った働き方が探せる
  • だから障害者手帳があれば「登録のお断り」がない
  • WEB面談ができるから、スマホで完結!わざわざオフィスに出向かなくても良い
  • ハローワークも含めた全国の求人をまとめてチェックできる

一般的な「障害者向け就職・転職支援サービス(エージェント)」は、安定して働ける一般就労のみを対象としているので、ケースによっては登録を「お断り」されてしまうことがあります。

障害者雇用バンクでは「負担の少ないアルバイト求人」「就労移行支援」「就労継続支援」も掲載しているため、障害者手帳を持つ人なら誰でも利用出来るんです。

また、スマホでカウンセリングが出来るので、公的なサービスのような「施設に行く手間」「順番待ち」もありません。

「これからどうしよう」と悩んでいる段階の人も、「こんな働き方をしたい」と希望がある人も、どちらも対象です。

カウンセリングは無料登録をするだけで受けられるので、まずは登録してみてください。

※障害者雇用バンクは「エージェント」ではなく総合的な案内を行うサービスです。エージェント案件の求人に応募が可能と判断されたら、あなたにあったエージェントを紹介してもらえます。

障害者雇用の転職で年収アップするならランスタッドがおすすめ

「就職」ではなく「転職」で年収アップを目指す方におすすめの転職支援サービスは「randstad(ランスタッド)」。

専任コンサルタントが面談から定着フォローまで一貫してサポートしてくれます。

正社員の質の良い求人に特化しており、大手企業や年収アップの特集ページも用意されており、年収アップを望む人に人気の転職支援サービスです。

ハイリ

ハイリ

障害者雇用の教科書

就労継続支援A型の管理者の家族の手伝いをしていました。
現在はネットで、障がいを持つ方の就職・就労に関する情報を発信しています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です