障害者向けの就労移行支援について紹介しています。就労継続支援A型事業所とは?就労継続支援B型事業所とは?

就労継続支援・就労移行支援・障害者雇用の探し方

障害者雇用で同僚・社内の人間にバレずに働くことはできる?

障害者枠就職

障害者雇用で同僚・社内の人間にバレずに働くことはできる?

更新日:

「障害者雇用で働きたいけど、他の社員から障害者として見られたくない!」

そんな人が、障害者雇用で同僚・社内の人間にバレずに働くことは可能なのでしょうか。

社長、上司や人事など一部の人には必ずバレる

就職先の人に一切バレずに障害者雇用で働くことは不可能です。

上層部や直属の上司などあなたの採用や仕事内容を決める人、人事などの個人情報を扱う部署の社員には障害者雇用であることは必ずバレます。

一般社員に告知しないことは不可能ではない

採用や配属などに関わる上層部・上司・部署の社員以外に障害を告知せずに働くことは、障害者雇用の法律的には不可能ではありません。

しかし、障害があることを配慮されながら働くには、周りの社員にも障害者雇用であることを知られていた方が安心です。

また、障害者雇用であることを告知しなければ、勤務形態や業務内容について配慮されることで、他の社員から「不公平だ!」と不満が出るリスクもあります。

障害者雇用であることを一般社員に隠して働くことは不可能ではありませんが、障害による配慮の必要性がなく、企業と交渉が必要。

『誰でも』『どんな会社でも』出来るというわけではありません。

同僚や社内の人間にバレない障害者雇用の探し方

求人の内容に「当社は一般社員には障害者雇用で働いていることを告知しません」と書かれている企業はありません。

ではどのようにして、同僚・社内の人間にバレない障害者雇用を探すことができるのでしょうか。

その方法とは、転職エージェントサイトです。

カウンセリングで「上司や人事以外に障害者であることを隠して働きたい」と希望すれば、実際に告知せずに働ける企業を教えてもらえたり、入社前に交渉を行い、一般社員に告知せずに障害者雇用で働く先を見つけてくれる可能性があります。

↓就職・転職エージェントサイトの比較はこちら↓

-障害者枠就職

Copyright© 就労継続支援・就労移行支援・障害者雇用の探し方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.