就労移行支援の事業所

専門的な知識が学べる就労移行支援まとめ

就労移行支援の中には、特定の職種に就くための専門的な知識が学べるところもあります。

この記事では、専門的な知識が学べる就労移行支援のメリット・デメリットと、全国にあるちょっと変わった就労移行支援を紹介します。

専門的な知識が学べる就労移行支援のメリット・デメリット

メリット
  • 特定の職業への就職に強い
  • 好きなことをじっくり学べる
デメリット
  • 幅広い職業への就職には弱い
  • 数が少なく、通える範囲でなかなか見つからない
  • 就職実績はイマイチなところが多い

訓練が特定の職業への就職に特化している

専門的な知識が学べる就労移行支援は、その職業に関する座学や実技に多くの時間を使います。

その分、一般的な就労移行支援で行われる、基本的なオフィススキルやコミュニケーションなどの訓練に使える時間はどうしても少なくなってしまうんです。

なので、そこで学んだ職業への就職は強いですが、やっぱり他の職業に就職したいとなった時は、少し不利な状況になります。

就職実績はあまり良くない

専門スキルを学べる就労移行支援のホームページを見てみると、年間の就職者数が0名だったり、非公開になっているところもあります。

そもそも求人数が少ない障害者雇用で、特定の職業に絞ると、就職先を見つけるのは大変。

正直『専門的な知識で手に職をつける』よりも『多くの会社で使える無難なスキルや資格』を身につける方が就職しやすくなります。

「どうしてもこの仕事がしたい!」という強い意思があるなら選択肢としては良いですが、なんとなくで通うのは辞めておいた方がいいです。

例外として、WEBデザイナーやプログラマーなどの職業は障害者雇用での求人が多く出ていたり、フリーで活動することもできるので、就職先には困りにくいです。

atGPジョブトレ:WEB業界(東京)

atGPジョブトレIT・Web

障害者の就労支援でおなじみの、ゼネラルパートナーズグループが運営する就労移行支援です。

個人で受講すると30万以上かかるデジタルハリウッドのWeb制作スキル講座が、無料で学べます。

Web制作未経験者でも、専門的な知識を持ったスタッフが丁寧に教えてくれます。

30万円相当のWEBデザイナー講座が無料

ジョブトレIT・WEB公式サイト

※WEB業界に就職を目指すなら最推しの事業所です

COLORS:美容業界(大阪)

美容業界への就職を目指す人のための就労移行支援です。

メイク、ネイル、着付けなどの美容に関する資格取得の支援や、実践的な訓練が受けられます。

わんチャレンジ:トリマー(大阪)

ペット業界(主にトリマー)への就職を目指す人のための就労移行支援です。

施設外訓練として、専門学校の短期講座を無料で受講することもできます。

実技訓練なトリマーへの就職のために、実際のペットサロンでグルーミングの実習も行われています。

まなびや:動物飼育、接客(北海道)

ペット業界(主にペットショップなどの飼育系)への就職を目指す人のための就労移行支援です。

動物の飼育について学べる、専門学校のような就労移行支援。

動物業界以外でも使えうr、接客業で役に立つスキルも学べます。

ユニバーサルラボ:介護(北海道)

介護業界への就職を目指す人のための就労移行支援です。

介護資格学校と提携していて、介護資格(介護職員初任者研修)を取得できます。

大手の就労移行支援まとめはこちら

 💡就労移行支援選びで失敗しないコツ💡

就労移行支援に通いたいと思った時、まず考えるのは「どこの就労移行支援に通うのか」。

ハイリ
私が「ここがイチオシ」と教えてあげれば早いのですが、地域や事業所、あなたの性格や特性によって最適な就労移行支援は変わるので、ピンポイントで指定することは難しいです。

そこで私がおすすめする『就労移行支援選びで失敗しないコツ』はこれ。

大手を含む、最低2箇所以上見学してから決める。ことです。

見学に行くのは少し手間ですが、1箇所だけではそこが良いのか悪いのか、自分に合っているのかの判断ができません。

なぜ「大手を含む」なのかというと、大手はサポートや訓練に関して良くも悪くも『無難』です。「通ってみたら、とんでもない事業所だった」というリスクもありません。他の就労移行支援と比較する基準づくりにもなるので、まずは大手から見学すると選びやすいでしょう。

通っている間に、突然閉鎖されるリスクも低いので安心して通えます。

さらに大手は企業との結びつきが強いので、実習先・就職先を決めるときにも有利です。

地域の小さな就労移行支援にも『独自の制度やサポートがある』『訓練や就職において地元での結びつきが強い』『親身になってくれるスタッフが多い』といった大手にはないメリットが受けられる可能性もあるので、大手と小さな就労移行支援、どちらも見学しておいた方が安心ですね。

大手の就労移行支援をまとめてチェック

ミラトレ(関東・大阪)

就職までの道のりが近い就労移行支援

就職までの平均期間が8.9ヶ月

大手求人サイト『doda』の企業が運営

自社で持っている求人案件が圧倒的に多く、就職先を探すにかなり有利

atGPジョブトレIT・WEB(東京)

WEBスキルを学ぶならココ!

大手求人サイト『atGP』の企業が運営

プログラミングやWEB制作の専門スキルが学べる

30万円分以上の講座が無料で受けられる

ココルポート(関東・福岡)

通いやすさで選ぶならココ!

ランチ・ドリンク無料・交通費助成などのサポートが充実

おしゃれで明るい雰囲気

就職者・定着率の実績もちゃんと出ている

リタリコワークス(全国)

業界最大手!安心で通いやすい

業界最大手の就労移行支援

全国に70箇所以上。地方にも事業所がある

カリキュラムや運営方針がしっかりしている

リンクビー(東京・大阪)

コンセプト

大手求人サイト『atGP』の企業が運営

発達障害の人への専門的な支援が充実

外資系や公務員への就職実績あり

リドアーズ(東京)

コンセプト

大手求人サイト『atGP』の企業が運営

統合失調症の人への専門的な支援が充実

大手企業の特例子会社やIT企業への就職実績あり

シゴトライ(東京)

コンセプト

大手求人サイト『atGP』の企業が運営

うつの人への専門的な支援が充実

大手企業への就職実績多数

詳しい比較記事はこちら

障害者向け就労移行支援サービスまとめ (1)
【就職に強い!】就労移行支援まとめ【おすすめ8つ比較】

障害を持つ人の就職を細やかに支援する、大手の就労移行支援サービスをまとめてみました。 この記事の目次1 すぐ分かる比較表&リスト2 大手をおすすめする理由3 ミラトレ4 atGPジョブトレIT・Web ...

続きを見る

サービス内容
対象者
所在地
こだわり条件
フリーワード
こだわり条件を追加

現在の登録件数:166 件

-就労移行支援の事業所

© 2020 障害者雇用の教科書 Powered by AFFINGER5

口コミ投稿でAmazonギフト券が当たる
詳しくはコチラ
口コミ投稿でAmazonギフト券が当たる
詳しくはコチラ